スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力3.0?

今まで隣りの部屋で大人しく寝ていたと思ったら

突然スタスタとやってきて

天井を   じぃ~~~



P1050428.jpg

あっちを  じぃ~~






P1050426.jpg

こっちを  じぃ~~


なになに? なんかいるの?と、私も天井を見上げると
ちっちゃいハエが1匹 ぷぃ~んぷぃ~んと目にも止まらぬ速さで飛んでました。

こっちが行方を見失っても、まるの目は小バエをしっかり ロックオン!

よく見えるな~。





にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

まるちゃん、なやんでる寝

P1050212.jpg

窓際は明るくて眩しい。 寝づらい。


でも、あたたかい。




寝場所を移るべきか 否か。





P1050205.jpg

結果

あたたかさの勝ち!   Zzz...........







にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



サンちゃん、乾燥注意報発令中だよ

今週一週間は晴れの日が続いたので空気はカラッカラです。
じぃとばぁのお部屋には乾燥対策として加湿器が登場しました。

狭いお部屋ですから置き場所無いんです。
サンリの寝床のすぐ横に置かれちゃった。

DSC_0168.jpg

後ろのカーテンが白いためによく見えませんがしゅーしゅーと白いミストが降り注いでいます。

音は静かなので安眠妨害とはなりませんが、サンちゃん、なんだかとっても迷惑そうな顔ですね。
そうだよねぇ、猫の祖先って砂漠に住んでいたんだよね~。
湿気は有り難くないか・・・





DSC_0169.jpg

でもね、キミは毛100%なのだから湿度は大切だよ。
指先でキミのお鼻に触ろうとしたら「パチン!」っていったでしょ? お互いびっくりしたよね。

ミストのおかげでパチパチくんの心配なくなったね




にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村






おんね湯・北の大地の水族館

北海道にまた新たな人気スポット誕生ですね。
去年の夏にリニューアルオープンした「北の大地の水族館」に行って来ました。

場所は旭川から北見に向かう途中の留辺蘂町(るべしべちょう)です。

正式には「山の水族館」ですが、水族館プロデューサーの中村元氏が「北の大地の・・・」に
思い入れがあるということで敢えてそちらの名前で呼ぶことにしました。



DSCF3613.jpg

ほんとにちっちゃいちっちゃい水族館なのに来館者が1年で29万人を超えたそうです。
私たちが行った頃は30万人を突破してたかも。
この水族館は子供より大人が楽しんじゃいますよ。





DSC_0040.jpg

中に入るといきなりメインの滝つぼ水槽。
流れ落ちる滝の下で泳ぐ魚たちの様子を眺めることのできる展示水槽です。

水の勢いにもまれて一所懸命泳ぐオショロコマが健気です。





DSC_0042.jpg

これは四季の水槽と言って、世界初の冬に凍る水槽なんですって。
水槽っていうか、外にある大きな池を館内からガラス越しに見るっていう感じかしら?

留辺蘂町は寒さの厳しい町ですからどんなふうに凍っちゃうんだろう?
凍ると水面下で魚たちはどうしてるんだろう?
冬にも来てみたくなりますね~。





DSC_0061.jpg

冬には極寒ともなる留辺蘂町なのに熱帯魚もたくさん飼育されてます。
寒いところで熱帯魚って大変じゃない?と思いますよね。
ところがここ留辺蘂にはおんねゆ温泉があって、その温泉水が魚たちにとてもいい効果を
もたらしているんですって。





DSC_0053.jpg

温泉と冷泉をうまくブレンドして飼育水に使うと驚くほど早く、しかも大きく育つらしいです。
病気をしないし、なっても治りが早いと良いことづくめ。

水質が良いから濾過なんかしなくても源泉かけ流しで使えるんですって。
熱帯魚を飼育した経験のあるnukoは羨ましく思っちゃう。
熱帯魚って濾過装置やヒーター設置でけっこう手間かかるのよね。





DSC_0044_2013111715524276f.jpg

温泉効果?で1メートル級のイトウがうじゃうじゃ。

だいたい川魚っていうと、屋台で売っているアユの塩焼きとかニジマスとかあの程度の
大きさだと思ってますからこんな大きなのを川で見かけたらコワイなぁ。


他にも

時間で水深を変えて魚たちの遡上の様子を見ることができるジャンプ水槽なんてのもありました。





北海道13_091

「山の水族館」での私のお気に入りはこの子。

ブタ鼻カメ

なつっこくて可愛いんです。
この子の水槽の前で一番長く居たかも (笑




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村




帯広でイタリアン

前のブログを見てくださった方は、トマムから「帯広で豚丼!」と意気込んできたのに
何でイタリアン?って思われるかもしれませんね。

お店の下調べをせずに来ちゃったので見つけられなかったんです。

帯広に着いた日はちょうど花火大会があるというので、遅くまでいたら渋滞に巻き込まれると思い
駅周辺で探そうとしたのですがダメでした。

仕方なし車でぐるぐる周っていると、人気店っぽいレストランを発見~。
パスタ好きの我が家ですので「PASTA」の文字の誘われすかさず入ってしまいました。




DSCF3612.jpg

バウムクーヘンの「三方六」でおなじみのお菓子のお店「柳月」が経営しているイタリアン
レストランです。

「トスカチーナ」?

たぶんそうかな?とは思いましたけど、トスカチーナって「トスカーナ」と「十勝(トカチ)」を
かけてるのね。





DSC_0037.jpg

前菜はスモークサーモンと香味野菜のタルターラ。






DSC_0038.jpg

パスタは真鯛とドライトマトのペペロンチーノ。

とうがらしがちょっと焦げちゃってるのはご愛嬌ということで。

どっちかっていうと、前菜のタルターラのほうが気に入っちゃった。
(おいおい、メインはおいてけぼりですか??)








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村





トマムの雲海は失敗でした

北海道の観光地ではメジャーなとこマイナーなとこ結構行っているつもりなのですが
この星野リゾートトマムにはまだ一度も行ったことがなかったんです。
リゾート地には縁のない私たちです。


DSC_0036.jpg

トマムにやってきた理由は2つ。
まだ一度も訪れたことが無いということと、トマムには「雲海テラス」なるものがあって宿泊客
ではなくても雲海を眺めることができるということ。

リゾートホテルに泊まることが目的ではなかったのでした。

何度も言うようにビンボー旅行の私たち、リゾートホテルなんてとてもとても。
6泊7日の北海道旅行全行程を車中泊で押し通しました。




DSCF3571.jpg

ゴンドラに乗ってる途中はなかなかいい感じで雲がもわもわとわいています。
雲の中にかすかにツインタワーの頭が見えますね。
これならテラスに着けば雲海らしい景色が見えるんじゃないかと期待しつつ上って行きました。





北海道13_055

ところが

雲海テラスではごらんの通り 「雲海」 ではなく 「雲中」 状態。
雲の上から見るべき雲海に飲み込まれちゃった。

雲海の発生には気象条件がそろわないとダメで、低気圧が通り過ぎた後の晴れの日の早朝が
良いみたいです。
多分気温の差が大きい春と秋がいいのでしょう。

自然が相手ではそうそううまいこと見られるものではありませんね。
それでも2時間ほどねばってみましたが結局ず~っと雲の中でした。





DSCF3597.jpg

雲海テラス初挑戦は失敗の巻でした(チャンチャン

再びゴンドラで山麓駅に下りてきてみると、出発時にはなかった「雲のしたカフェ&マルシェ」が
オープンしていました。

夏の間だけみたいですけど、ここで朝は新鮮野菜のビュッフェ、昼はバーベキューが
楽しめるみたいです。
オシャレですね~。

とにかくリゾート地に縁のないビンボー旅行続行中のnuko家は 『帯広で豚丼食べるぞー!』 と
意気込みいそいそとトマムを後にしたのでした。






にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村




占冠でいいお店みつけた 「 レストランメープル」

明日はトマムに向かうその前日、車中泊するため道の駅 「自然体感しむかっぷ」 に
やってきました。

関東住みの人間でちょっと油断してたんですけど、この辺は夕方の6時になると軒並み
お店が閉まってしまうのですね。

さて、困った。

観光案内の方にまだ開いているお店を聞くと、占冠駅に行けばあると教えていただき
車で向かいました。

道の駅からJR占冠駅までは5分くらいだったかな?
駅前の広い敷地に1軒だけ物産館と観光案内所、資料室が一緒になった大きな建物が
ありました。

時間も時間だから仕方ないのでしょうけど、周りには誰もいなくて閑散としてるし、
お店はやってるのかやってないのか外からは判断つかないし、なので恐る恐る中に入って
聞いてみるとお食事できますとの答え。


DSCF3562.jpg

写真の撮り方と方向がまずくてこんな感じになっちゃったんですけど、最初ちょっと不安でした。
椅子を引く音、座る音、自分たちが立てる音だけが響くくらい静かなんだもん。
店主が 「今日はお客さんもいないし、早めに店閉めようかな?」 なんて考えてる時に入っちゃった
としたら・・・なんてね。



注文したのは


DSCF3559.jpg

醤油ラーメンとチャーハンのセットと





DSCF3561.jpg

岩塩を使った塩ラーメン。



透き通ったスープがきれいでしょ?
ラーメン、チャーハンともにグッドでした。
チャーハンを一口食べたところで不安がふっとびました。

この辺って山菜がウリのようですね。
山菜が乗ってる塩ラーメンは初めて食べましたけど、歯ごたえあって塩味もいい感じで
確かに美味しかったです。




占冠村って人口は1000人ちょっとだし、冬になると気温マイナス35度にもなるような
ところです。
夕方には閑散とするって仕方のないことですね。
私の行ったタイミングが悪かっただけ。

今度、真冬の占冠を体験してみたいとちょびっと思っちゃったのでした。





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村




ファームヤード再び 今度はベリーのケーキだよ

スープカレーの美味しいレストランがあるのはなにも札幌だけではありませんよ。

前にも書きましたが、私のお気に入りはココ。
由仁町の 「キッチンファームヤード」。
千歳空港からは30~40分で行けます。


DSCF3556.jpg

周りに目印らしきものは何もないし、道路に立っている看板もそんなに目立つものでは
ありません。

外観も夏の間は緑が多くて建物が良く見えませんね。






DSCF3554.jpg

緑のトンネルをくぐっていくと入り口が見えてきます。

こんなに目立たないレストランなのに11時のオープンと同時にどんどんお客さんが
やってきてあっという間に満席になってしまいます。

人気のお店って立地だけじゃないんですね。 口コミも重要な要素なんだなぁ。





DSCF3538.jpg

チキンスパイシーの記事は3年前に書きましたのでその時に載せられなかった
サラダとトマトのてんぷらを載せちゃいます。

セットのサラダはもっと小さいサイズですが150円プラスするとダブルサイズに
変更可能です。

このあと出てくるスープスパイスの量がハンパなく多いのでサラダをダブルにしたら
ご飯食べきれませんよ~(嬉しい悲鳴






DSCF3545.jpg

2階がレストランで、1階はセルフタイプのカフェになっています。
ランチタイム中(~14:00)の営業です。

美味しそうなフルーツケーキがいっぱい並んでいますね。
8月のおすすめはブルーベリーです。 隣りの農園でブルーベリー狩りを楽しむこともできます。
ベリー好きにはたまらない!





DSC_0024.jpg

カウンターに座ればお庭を眺めながらのコーヒータイム。

お昼ちょい過ぎでしたのでレストランはすごく混んでましたけどカフェはゆったり。
早めにお昼を済ませて食後のデザートとコーヒーを1階のカフェでいただくってってのが
ベストですね。
お会計は1階ですので一緒にできちゃいますよ。






DSCF3551.jpg

ブルーベリーの季節でしたけど、木いちごのタルトをチョイスしました  へそまがり~






にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村




函館

金木町を出て五所川原市でご飯を食べ、日帰り温泉で湯につかりゆっくり青森に向かいました。
でもフェリーの時間にはまだ4時間も前に着いちゃった。
(写真は乗船予定の船じゃないで~す)

DSCF3506.jpg

さすがにお盆休み。 ド深夜でも駐車場には車がいっぱいでした。
やっとこ奥の方に1台空きを見つけてそこで2時間ほど仮眠を取りました。

さて、このように混雑時期いかようにしてフェリー船内での寝場所を確保するか。
ちゃんと個室を取っている方には心配ないことですが、いつもビンボー旅行する我が家はいつだって2等。
2等船室はすぐにいっぱいになってしまいますからここは迷わず展望室へゴー。
深夜の航行では展望なんてできませんから2等と同じように皆さんあちこちでゴロ寝です。

お盆休みは展望室もギューギューでした。
足を伸ばして寝返り打とうとしたら、足元の方で横向きに寝ていたおじさまのお腹蹴っちゃった





DSCF3520.jpg

函館港に着いたのは朝の6時すぎ。
朝早くから開いているお店と言うことで、どんぶり横丁にあるあけぼの食堂で食べることに決めて
いました。

さすがは朝市で有名な函館ですね。 7時前にはもうお客さんでいっぱいでしたよ。





DSCF3518.jpg

海鮮グルメ丼には色んなバリエーションがあって迷っちゃいました。

イカ刺しも頼むんだったらイカの入ってないやつにすればよかった。





DSCF3515.jpg

イカ刺し定食 ほっけ追加。
予想に反してほっけがデカくて、欲張って付けちゃったら食べきるの大変でした。←2人で

函館のイカって透き通っててコリコリしてて美味しいですね~




DSCF3526.jpg

朝ご飯を食べたあとは帯広方面に向けて出発。

と、その時かなりハデな電車を前方に発見。

なになに? あれなに? と追いかけて信号待ちの電車にようやく追いつき写真をパチリ。
よく見ると「百」の文字が。

帰ってきて調べてみたら、2013年は函館路面電車の開業100周年記念の年だったそうです。
開業当時の花電車を復刻して6月末から8月19日まで1日4本ぽっち走らせたんですって。
偶然その花電車に遭遇できたのはなんともラッキーでした。





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



金木町のレトロな喫茶店「駅舎」

案内所の方に、一休みしたいけれどどこかいいお店ありますか?と聞いたらこのお店を
紹介していただきました。

斜陽館から車で5分ほどのところにある津軽鉄道芦野公園駅。
その旧駅舎を利用した喫茶店です。 その名もズバリ 喫茶店「駅舎」


津軽13_067

芦野公園は桜の名所ということで、桜の季節には混むそうですよ。
でも、レトロな雰囲気には閑散としている方が似合うんじゃないかな?






津軽13_069

「手荷物一時預」の文字も何となくレトロっぽくて好きです。





津軽13_074

ホームには電車が止まり裏口から直接喫茶店に入れるようになっています。
喫茶店で切符を買って電車に乗ることもできるんですって。
旧駅舎といっても今でもちゃんと駅として利用されているんですね。

時刻表を見たら1時間半か2時間に1本しか電車が来ないんです。
コーヒーを飲んでいたらちょうど電車が到着したので思わず写真撮りに走りました!





津軽13_081 津軽13_079

左: 駅長室もしっかり喫茶室になってます。 「駅」の字が「驛」なのがイイね。
   駅長気分を味わいたいときはそっちかな?

右: 手前にあるのはストーブ?ですよね。津軽鉄道と言えばストーブ。その関係でしょうか?
   真夏だというのにストーブ置きっぱなしですね。 上の金タライにはラムネが冷やして
   ありました。
   向こうに見える小窓2つは切符売り場の窓口の名残り。





津軽13_073

こだわりコーヒー2品をメニューのおすすめ書き(そのまま)とともに

手前が
 ◎駅舎珈琲
  香りのよい深入りロースト。2分ほどであっさり味に変わるのは金山焼の
  粘土成分(鉄・カリウム)がコーヒーに溶け込むから。
  ミネラルたっぷりのコーヒーです。

奥が
 ◎昭和の珈琲
  東北最古と言われる弘前土手町の珈琲屋「万茶ン」のブレンド。太宰治氏が
  足繁く通い好んで飲んでいたコーヒー。
  スッキリとしたほろ苦さが特徴です。








にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

nuko

Author:nuko
自然が大好きで動物も大好き。
ゆえに北海道が大好きな私です。
北海道の話題がちょこちょこ出るのはそのためです。
けれど住んでるのは埼玉県のはじっこ。
4匹の猫とともにグダグダな生活をおくっています。

我が家のぬこたち
PFなお < なお >
2014年4月16日生まれ。
元男の子。
ノルウェージャンフォレストキャット
(ブラックマッカレルタビー&ホワイト)
2014年7月に我が家へやってきた新人(猫)クン。
好奇心のかたまりで、超がつくほどの甘えん坊。

PFサンリ < 三陸(サンリ) >
2011年4月生まれ(たぶん)
月日不明。
元男の子。
石巻動物救護センターでボランティア活動中に南三陸町から保護されてきた子猫を里子として迎えました。

PFシマ < シマ >
生年月日不明。
元女の子。
ある人が保護し育てていましたが、その方が亡くなってしまったため親戚の方が一時的に保護。その後縁あって我が家で引き取ることになりました。
アメショーっぽいけどアメショーではありません
※H.27年 10月 シマはお星さまになりました。

PFまる < まる >
2005年1月10日生まれ。
元男の子。
正真正銘のラグドール。
ツンデレなところもありましたが、私のストーカーでした。
※H.25年 4月 まるは8歳でお星さまになりました。

PFにゃー < にゃー >
2003年生まれ。月日は不明。
元男の子。
生後2か月くらいで土手に捨てられていたところを保護しました。
最新記事
コメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。