スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金木町のレトロな喫茶店「駅舎」

案内所の方に、一休みしたいけれどどこかいいお店ありますか?と聞いたらこのお店を
紹介していただきました。

斜陽館から車で5分ほどのところにある津軽鉄道芦野公園駅。
その旧駅舎を利用した喫茶店です。 その名もズバリ 喫茶店「駅舎」


津軽13_067

芦野公園は桜の名所ということで、桜の季節には混むそうですよ。
でも、レトロな雰囲気には閑散としている方が似合うんじゃないかな?






津軽13_069

「手荷物一時預」の文字も何となくレトロっぽくて好きです。





津軽13_074

ホームには電車が止まり裏口から直接喫茶店に入れるようになっています。
喫茶店で切符を買って電車に乗ることもできるんですって。
旧駅舎といっても今でもちゃんと駅として利用されているんですね。

時刻表を見たら1時間半か2時間に1本しか電車が来ないんです。
コーヒーを飲んでいたらちょうど電車が到着したので思わず写真撮りに走りました!





津軽13_081 津軽13_079

左: 駅長室もしっかり喫茶室になってます。 「駅」の字が「驛」なのがイイね。
   駅長気分を味わいたいときはそっちかな?

右: 手前にあるのはストーブ?ですよね。津軽鉄道と言えばストーブ。その関係でしょうか?
   真夏だというのにストーブ置きっぱなしですね。 上の金タライにはラムネが冷やして
   ありました。
   向こうに見える小窓2つは切符売り場の窓口の名残り。





津軽13_073

こだわりコーヒー2品をメニューのおすすめ書き(そのまま)とともに

手前が
 ◎駅舎珈琲
  香りのよい深入りロースト。2分ほどであっさり味に変わるのは金山焼の
  粘土成分(鉄・カリウム)がコーヒーに溶け込むから。
  ミネラルたっぷりのコーヒーです。

奥が
 ◎昭和の珈琲
  東北最古と言われる弘前土手町の珈琲屋「万茶ン」のブレンド。太宰治氏が
  足繁く通い好んで飲んでいたコーヒー。
  スッキリとしたほろ苦さが特徴です。








にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

16年ぶりの太宰治記念館 「斜陽館」

風邪をひいて2日ばかり寝込んでいました。
家では一人が風邪をひいたら家族中にうつってしまいました。
職場でもマスクをしている人がたくさんいます。 大流行してしまうのかしら?
みなさん、お気をつけ下さいね。


お盆休みに北海道へ旅行した時のことをこれから何日か書いてみます。
今ごろになっちゃいましたけど。


北海道へは東北自動車道を使いずっと車で移動しました。
その方が途中途中寄り道ができるので楽しいんです。 疲れますけどね。
青森から乗るフェリー乗船までには時間があったので五所川原市の斜陽館に立ち寄りました。

16年前に一度行ったことがあるのですが、その時は旅館「斜陽館」から太宰治記念館「斜陽館」
への改装工事中で入れなかったのです。



斜陽館1

太宰治ファンということではないんですが、あれから十数年なんとなく心残りでいました。
今回車で移動するので寄り道できるチャンスだと思い再訪したのです。

お盆休み中でしたが着いたのが午後二時ごろでしたので比較的空いていてゆっくり見学できたし
写真を撮ることもできました。
何人か集まるとガイドの方が説明しながら各部屋を案内してくれます。
興味深いお話が聞けるので自分だけでささっと見て回るより面白いです。




斜陽館3

奥に行くにつれてだんだん座敷が高くなっているのが分かるでしょうか?

太宰治のお父さん(家長ですね)と長兄が一番奥の部屋を使い、次の間が太宰と家族、
そして手前の一番低い板の間で使用人たちが食事をしたんですって。
家族といえどもはっきりと身分の差がつけられていたんですね。

この板の間の先には石段がありそこを下りると蔵があります。
幼いころの太宰はその蔵の前でご飯を食べるのが好きだったそうです。





斜陽館2

パンフレットの表紙にもなっている階段です。

踊り場から左右両方向に上がれるようになっています。
デザインといい、色合いといい、艶といい、すごくオシャレですね。





斜陽館4

2階の洋間には高さの違う椅子が置いてありました。
ちょっと低めの椅子は着物の方用の椅子です。
初めて見ました。 こういうのがあるんですね~。




斜陽館6

2階から見えるお庭。

昔はここから岩木山が見えたそうですが、今は・・・・


こんなに広くて立派なお家なのに、太宰は『大きいばかりで風情が無い』と好ましく思って
いなかったんですって。
昔っから小さい家にしか住めない私には羨ましい限りなんですけど。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

nuko

Author:nuko
自然が大好きで動物も大好き。
ゆえに北海道が大好きな私です。
北海道の話題がちょこちょこ出るのはそのためです。
けれど住んでるのは埼玉県のはじっこ。
4匹の猫とともにグダグダな生活をおくっています。

我が家のぬこたち
PFなお < なお >
2014年4月16日生まれ。
元男の子。
ノルウェージャンフォレストキャット
(ブラックマッカレルタビー&ホワイト)
2014年7月に我が家へやってきた新人(猫)クン。
好奇心のかたまりで、超がつくほどの甘えん坊。

PFサンリ < 三陸(サンリ) >
2011年4月生まれ(たぶん)
月日不明。
元男の子。
石巻動物救護センターでボランティア活動中に南三陸町から保護されてきた子猫を里子として迎えました。

PFシマ < シマ >
生年月日不明。
元女の子。
ある人が保護し育てていましたが、その方が亡くなってしまったため親戚の方が一時的に保護。その後縁あって我が家で引き取ることになりました。
アメショーっぽいけどアメショーではありません
※H.27年 10月 シマはお星さまになりました。

PFまる < まる >
2005年1月10日生まれ。
元男の子。
正真正銘のラグドール。
ツンデレなところもありましたが、私のストーカーでした。
※H.25年 4月 まるは8歳でお星さまになりました。

PFにゃー < にゃー >
2003年生まれ。月日は不明。
元男の子。
生後2か月くらいで土手に捨てられていたところを保護しました。
最新記事
コメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。